【CUDAトレーニングコース】実践編 第1章 開催のお知らせ 


※終了しました。

満員御礼となった第1回に続きまして、CUDAトレーニングコースの実践編を開催いたします。
今回は神戸、東京の2箇所での開催となります。
第1回に参加できなかった方や関西方面の方など、皆様のご参加をお待ちしております。
pdf CUDAトレーニングコース 実践編

実践編では第1章として2次元時間発展差分解法のCUDA化をテーマにし、同じ内容で何回か開催いたします。
第2章以降も同様に、同じ内容で何回か開催いたします。
開催場所は 仙台・東京・神戸 を予定しておりますので、決定次第ホームページやメルマガでお知らせして参ります。

CUDA SDK には Naive GPU code という言葉が出てきます。これはいわば「単純CUDA化」というような意味合いで、単純作業でCUDA化することを指します。Naive GPU コード(単純CUDA化コード)は驚くほど簡単です。今回は、二次元拡散方程式を例に、単純CUDA化をマスターしましょう。


【CUDAトレーニング】実践編 第1章 二次元時間発展差分陽解法のCUDA化

参加費

9,800円(税込) ※学生半額

協賛 NVIDIA Japan
株式会社ソフテック

東京開催 CUDAトレーニングコース実践編 第1章
2012年8月21日 (火) 10:00 – 17:00
NVIDIA Japn(溜池山王)
※終了しました。

神戸開催 CUDAトレーニングコース実践編 第1章
2012年8月30日(木) 10:00 – 17:00
神戸国際会館セミナーハウス805号(三宮駅直結)
※終了しました。

実習内容
1. 単純CUDA化
2. 二次元拡散方程式CPUコード(陽解法)
3. CUDA化の準備
   時間計測
   VTKファイル出力とParaViewによる動画化
4. CUDA基礎
   CUDA開発環境構築方法
   (Windows / Linux / Mac)
   threa,block,grid について 
   CUDAメモリモデルについて
5.二次元拡散方程式の単純CUDA化
   Paraviewで動画か、結果が正しいことを確認
   デバッグについて
6.チューニング
7.CUDAライブラリの使用方法
8.OpenACCによるGPU計算
実習で使用するOS/言語 1. Linux/C,C++(弊社サーバにログイン)
2. Windows/VisualStudio(CUDA GPU 搭載のノートPCをお持ちの場合)
3. Linux/FORTRAN,Windows/FORTRAN も説明いたします。

●ノートPCをご持参ください。

ノートPCにCUDA実行可能GPUを搭載している場合:
  Windows(or Linux/Mac)でCUDA実行可能な設定を行なっておいてください。

ノートPCにCUDA実行可能GPUがない場合:
  以下のいずれかの方法でサーバーに接続して、コーデでィング・コンパイル・実行していただきます。無線または有線でDHCPで会場の弊社サーバーに接続できるよう設定を行っておいてください。

A. Windows から ssh(または telnet)接続
 プログラムの編集はWindowsのエディターをご使用ください(samba経由です)。プログラムのコンパイル・実行はキャラクター端末上で行います。

B. USBメモリから Linux をブート、Linuxから ssh-X 接続
 弊社が準備するUSBメモリLinux(※)でノートPCを起動していただき、サーバーにX接続していただきます。Linuxのフルスクリーンエディタが使用できます。USBメモにLinux(※)は全員に配布します。お持ち帰りください。(OpenFOAM, paraview などのCAE関連OSSインストール済み)


第1章終了後、受講者皆様には、まとめのテキスト(電子ファイル)を送付いたします。
第2章以降以下のような内容を予定しています。それぞれ東京・仙台・神戸で開催いたし ます。
総和計算(reduction)、ストリーム、粒子計算、行列解法(拡散方程式陰解法ソルバのCUDA化)、CUDA×OpenGL(OpenGL Interoperability)、FEM、MPI×CUDA(多ノードでのGPU計算)

途中に15分程度の休憩を挟みます。
セミナー内容は予告なく変更される場合がございますので、ご了承ください。

皆様のご参加をお待ちしております。
This entry was posted in イベント情報. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.
  • 爆発災害、数値計算、可視化などに関するご質問やご相談はこちらまで。
     
pagetop.png