Author Archives: admin

【FLACSユーザー会(FLUG)開催のお知らせ(9月26日) 】

FLACSユーザー会(FLUG)開催のお知らせ

このたび爆発研究所では、水素・可燃性ガスの燃焼爆発危険性解析ソフトウエアFLACSのユーザー様と燃焼爆発危険性解析ソフトウエアのご導入を検討・調査されている研究機関、大学、企業の方々を対象とした、ユーザー会を開催いたします。

今回はFLACS開発元のGexconより「V10.6 Fortesimo」と「FLACS Risk」の紹介を、
弊社からは「FLACS/LS-DYNA連成解析カプラー」と、「水素/空気混合気体爆発実験」について、紹介させていただきます。

※FLACS-Risk is a new, unique software solution for 3D CFD risk modelling and visualisation. The tool allows risk-owners to design facilities that are significantly more cost effective, while still maintaining the required high safety levels.

日時: 平成29年9月26日(火)13:10~17:40

内容:
    1. FLACS V10.6 Fortesimo 紹介 (Gexcon)
    2. FLACS Risk 紹介 (Gexcon)
    3. FLACS/LS-DYNA連成解析カプラー紹介(爆発研究所)
    4. 水素/空気混合気体爆発実験の紹介(爆発研究所)

講師:
    Gexcon Mr.Franz Zdravistch(Senior Engineer)
    爆発研究所 吉田 正典(代表取締役)

費用: 無料
場所: TKP上野御徒町ビジネスセンター ミーティングルーム6C
    http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/bc-ueno-okachimachi/access/
 

また、FLUGミーティングの後に、
Mr.Franz Zdravistch [...]

Posted in イベント情報 | Comments closed

【夏季休業のお知らせ(8月10日~8月15日)】

平素は弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

弊社では下記の日程を本年度の夏季休業期間とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

■ 夏季休業期間 ■
平成29年8月10日(木)~ 8月15日(火)まで

※上記期間中もインターネット経由でのお問い合わせは受け付けておりますが、
 8月16日(水)以降の対応とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

今後とも、格別のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

株式会社 爆発研究所

Posted in 新着情報 | Comments closed

【GW休業のお知らせ(4月29日~5月7日)】

平素は弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

弊社では下記の日程を本年度のGW休業期間とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

■ GW休業期間 ■
平成29年4月29日(土)~5月7日(日)まで

※上記期間中もインターネット経由でのお問い合わせは受け付けておりますが、
 5月8日(月)以降の対応とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

今後とも、格別のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

株式会社 爆発研究所

Posted in 新着情報 | Comments closed

高機能流体ソルバーCRUNCH CFD紹介セミナー開催のお知らせ

 このたび爆発研究所では、マルチフィジックスシミュレーションのための流体ソルバーCRUNCH CFDのユーザー様と高機能な流体ソルバーのご導入を検討・調査されている企業、研究機関、大学の方々を対象にいたしましたセミナーを開催致します。
 今回はCRUNCH CFD開発元のCRAFT Tech社より2名の開発者が来日して、最新の開発成果と応用事例を紹介致します。また、ユーザー様発表として、上智大学様、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)様にCRUNCH CFDを応用した研究開発の成果をご講演いただきます。

開催概要
【日時】  3月24日(金)13:30-17:30
【会場】  AP秋葉原※ 1F O(オー)ルーム
【参加費】 無料

プログラム 高機能流体ソルバーCRUNCH CFD紹介セミナー

13:30-13:35 オープニングのご挨拶
株式会社 爆発研究所

13:35-14:00 Detonation in annular channel with cylindrical obstacles
上智大学 理工学部機能創造理工学課 Edyta Dzieminska 様
CRUNCH CFDを応用した可燃性混合気のデトネーション(爆轟)解析に関する研究成果をご講演いただきます。

14:00-14:25 (仮題)CRUNCH CFDのRBCCエンジン解析への適用
JAXA 研究開発部門 第四研究ユニット  小寺 正敏 様
将来型宇宙輸送システムの推進系技術として期待されているロケット・ラムジェット複合サイクルエンジン(Rocket Based Combined Cycle engine)の研究開発に関わる燃焼解析についてご講演いただきます。

14:25-15:25 CRUNCH CFDの液体ロケットエンジン設計開発への適用
JAXA 研究開発部門 第三研究ユニット 根岸 秀世 様
2020年の初号機打ち上げを目標に設計開発を進めている我が国の新型基幹ロケットH3に関連して、液体ロケットエンジン設計開発へのCRUNCH CFDの適用事例についてご講演いただきます。

15:25-15:40 ブレイク

15:40-16:00 CRUNCH CFDの安全工学分野への適用事例
株式会社 爆発研究所
CRUNCH CFDによる減圧沸騰(フラッシング)、爆風伝播、固体飛散物輸送などの解析機能を安全性評価に応用した事例を紹介致します。

16:00-17:20 Recent work for non-ideal fluid modeling and design optimization framework including unsteady applications
CRAFT Tech社 Ashvin Hosangadi, Vineet Ahuja
実在状態方程式を考慮した流体ソルバーの開発状況と、燃焼、遷臨界噴流、超臨界CO2圧縮機への応用解析事例を紹介します。また、非定常流れ現象を含んだ設計最適化手法を紹介致します。

17:20-17:30 質疑応答

※ AP秋葉原
 https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-akihabara/ak-base/
  〒110-0006 東京都台東区 秋葉原1-1 秋葉原ビジネスセンター
  Tel:03-5289-9109 Fax:03-5289-4109

交通アクセス
 JR各線・つくばエクスプレスをご利用の場合
 「秋葉原駅」中央改札口より徒歩約5分
 東京メトロ日比谷線をご利用の場合
 「秋葉原駅」2番出口より徒歩約5分
 東京メトロ銀座線をご利用の場合
 「末広町駅」1番出口より徒歩約5分
 都営新宿線をご利用の場合
 「岩本町駅」A3出口より徒歩約8分

 ※参加受付は終了させて頂きました。

Posted in イベント情報 | Comments closed

【FLACS 1 トレーニング開催のお知らせ】 2017年3月21日〜24日

Gexcon主催によるFLACS I に、新しくリリースされたFireのセミナーを
カリキュラムに入れたトレーニングが開催されます。
また、ライセンス購入を検討されているお客様には、
受講頂くと1ヶ月のトライアルライセンスが発行されます。
ぜひ、ご参加を頂きたくご案内申し上げます。

FLACSの詳細に関しましては、此方を御覧下さいませ
 http://bakuhatsu.jp/software/flacs/

開催概要

【日 時】 2017年3月21日(火)~24日(金)09:00~17:00
【会 場】 AP横浜駅西口(横浜駅から歩いて6分)
      4階Cルーム
【アクセス】 https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-yokohamaeki/yo-base/
【参加費】 2,500USドル
      ※同じ会社より複数の方が参加される場合には2名様以降は25%引きとなります。

【申込み】 下記Gexcon社のHPより直接お申し込みください。
http://www.gexcon.com/course_registration/article/flacs-i-training-course-yokohama-japan-march-21-24-2017

 ※お手数ですがお申込みされた際は弊社までご一報頂けますようお願いします。
  sales[at]bakuhatsu.jp ([at] は@に書き換えてください)

【ご用意頂くもの】 
 ノートPC

FLACSの技術的要件は下記をご参照ください。
 http://www.gexcon.com/flacs-software/article/technical-requirements
   セミナーのためのライセンスキー(dongle)はこちらでご用意いたします。
   また、基本的に外部とは接続しません。

FLACS 詳細
 http://bakuhatsu.jp/software/flacs/
FLACS Fire
 http://bakuhatsu.jp/software/flacs/flacs-fire/

株式会社 爆発研究所

Posted in イベント情報 | Comments closed

「戦艦武蔵の最期」の感想(1)

「戦艦武蔵の最期~映像解析・知られざる“真実”~」が再々放送されるそうです。

-----放送日-----
 2017年2月12日(日)14:00~14:50(前編) ※ニュース10分挟む※ 15:00~15:49(後編)

-----詳細-----
 http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-01-21/11/31727/2894200/

この件に関し、取材の過程で多くのことを学びました。同時に多くの疑問が湧いてきました。
何回かに分けて、感じたこと、疑問に思ったこと、
更に数値計算をすすめるべきと思った課題、などについて書き留めます。
感じたことの中には、改めて戦争そのものに対する疑問や、
武蔵製造とその出撃に対する「なぜ」もありますが、
技術的なところから(技術的なことだけに終止するかもしれませんが)書いていきます。

【装甲は最適化されていたのだろうか?】

とてつもなく分厚い装甲だったようですが、
こんな分厚い鉄板を溶接する技術はなかったため、リベットで接続されていたそうです。
ここで疑問に思うのは、装甲の構造は最適化されていたのだろうか、という点です。
最適化というのは、与えられた制限条件のもと、最大性能を出す、ということです。

装甲について言えば、厚さや単位面積当たりの重量、製作上の制限などの制限条件のもとで、
どのような構造なら最大性能を発揮するか、実験なり解析なりで追求されたのでしょうか。
今と違って、コンピュータでの数値計算はできなかった時代ですから、
簡単な理論解析と、あとは実験に頼るしかないわけですし、
理論解析と言っても当時、固体の衝撃圧縮の理論やデータは日本にはなかったでしょうから、
主に実験に頼ることになるでしょう。
実際の厚さでの実験はかなり難しいでしょうが、
小さいスケールでいくつかの実験を行えばある程度はわかってくると思います。
そんなに難しいことではなさそうです。

装甲といえば、戦車の複合装甲に見られるように、
鉄板 1枚よりは何枚かに分けて、中間層をできれば空気ではなく、
軽くて硬い物質をはさんだ構造の装甲のほうが強いであろうことは、
当時は思いつかなかったのでしょうか。
あるいは、なんらかの検討の結果1枚板ということになったのでしょうか。

ここでいう性能は、爆弾が装甲表面で爆発した場合の防護能力や、
徹甲弾の貫通阻止能力になるかと思います。
ここで思い出すのは、ある先輩に聞いた話ですが、
当時の日本の爆弾の炸薬はピクリン酸やTNT、それに対して米軍の爆弾の炸薬はRDXベースだった、ということです。その先輩によると、
【日本の戦艦の装甲は、TNT爆弾に対する防護能力しか考えていなかったが、実際にはRDXベースの爆弾で、大丈夫だと思っていた厚さが、大丈夫ではなかった】
ということだそうです。魚雷に対しても同じだったのではないでしょうか。

TNTとRDXがどれほど爆発力が違うかというと、例えば Relative Effectiveness Factor、
これは、TNT 1 に対して、RDXは 1.60[1]、
爆轟圧力で言えば TNTのおよそ 20GPa に対して、RDXは 35GPa。もちろん実際の炸薬は
RDX100% ではないのですが、それにしても性能がかなり違います。
これでは「穴があかないはずがあいた」となっても不思議ではありません。
この疑問は、数値計算で解明してみたいところです。
課題としては以下のようになるでしょうか。

課題1:総厚さ X mm の鉄板を、リベット接合技術だけで作る場合、どのような構造が最も性能が良いか。
    1枚、2枚、4枚について数値計算する。
    爆弾はTNT炸薬とRDXベースの炸薬2種類、実際に落とされた最大重量クラス、
    徹甲弾については、総重量、爆薬量、速度などを調べねばならない。
    魚雷に対しても検証してみたい。

リベット接合の強度が再現できるようなモデルが必要なので、簡単に計算してみる、
というわけにはいきませんが、いつかは計算してみたい課題です。
まずはリベット接合なしでやってみるんでしょうね。

[1] https://en.wikipedia.org/wiki/Relative_effectiveness_factor

Posted in 爆発研究所 社長のBlog | Comments closed

【NHK放送日決定のお知らせ】 2017年1月21日(土)BS1放送

*****************************************************************
BS1スペシャルにて当社撮影協力番組の放送日が決定しました
※前回(12/4)放送内容とは異なります
*****************************************************************

この度、武蔵戦艦内爆発の数値シミュレーションに関しまして、
当社が撮影協力させて頂いた番組の放送日が決定いたしましたので、お知らせいたします。
昨年12月放送の「NHKスペシャル」とは別編集の番組となります。

【放送日】  2017年1月21日(土)19:00~19:50【前編】 ※ニュース10分挟む※ 20:00~20:49【後編】
【タイトル】  戦艦武蔵の最期~映像解析・知られざる“真実”~
【詳細URL】 http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-01-21/11/31727/2894200/

再放送:2017年1月28日(土)15:00~

直前のお知らせとなってしまいましたが、多数の方々に是非御覧頂きたく存じます。
宜しくお願い致します。

株式会社 爆発研究所

Posted in 新着情報 | Comments closed

【冬季休業のお知らせ(12/29~1/3)】

平素は弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

弊社では下記の日程を本年度の冬季休業期間とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。

■ 冬季休業期間 ■
平成28年12月29日(木)~平成29年1月3日(火)

※上記期間中もインターネット経由でのお問い合わせは受け付けておりますが、
 1月4日(水)以降の対応とさせて頂きます。あらかじめご了承下さいませ。

今後とも、格別のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

株式会社 爆発研究所

Posted in 新着情報 | Comments closed

当社関連資料更新のお知らせ

資料のダウンロードページを更新しました。
http://bakuhatsu.jp/flyer/

修正点は、以下となります。
———————————————————————————————————
■製品と事例
→ OpenFORM、ERI-GUIの記載を追加
■FLACS
→ FLACS-Fireの記載を追加
■IMPETUS
→ 一部記載内容変更
→ 価格表の修正
■Coupler
→ OpenFORM、OpenFOAM to IMPETUS Afea Solverの記載を追加
———————————————————————————————————
宜しくお願い致します。

株式会社 爆発研究所

Posted in 新着情報 | Comments closed

【NHK放送日決定のお知らせ】 2016年12月4日(日)放送

*****************************************************************
NHKスペシャルにて当社撮影協力番組の放送日が決定しました
*****************************************************************

この度、武蔵戦艦内爆発の数値シミュレーションに関しまして、
当社が撮影協力させて頂いた番組の放送日が決定いたしましたので、お知らせいたします。

【放送日】  2016年12月4日(日)午後9:00~午後9:49分
【タイトル】  戦艦武蔵の最期 ~映像解析 知られざる“真実”~
【詳細URL】 http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161204

再放送:2016年12月7日(水)午前0:10~ (火曜深夜となります)

また、
・NHKオンデマンド(インターネット配信)
・NHKワールドプレミアム(在外日本人向け)
・4K試験放送
の予定もあります。

何かと多忙な12月の放送となりますが、是非多数の方々に御覧頂きたく存じます。
宜しくお願い致します。

株式会社 爆発研究所

Posted in 新着情報 | Comments closed
  • 爆発災害、数値計算、可視化などに関するご質問やご相談はこちらまで。
     
pagetop.png