渋谷spaの爆発事故(天然ガス漏洩)のFLACS数値シミュレーション/衝撃波シンポジウム


渋谷spaの爆発事故
平成19年6月19日、渋谷の温泉施設でガス爆発事故がありました。
この爆発事故では、コンクリート床が破壊され、その破片がかなりの距離まで吹き飛ばされました。

ここでは、そのような激しい事故となった現象はどのようなものであったかを解析し、
また、そのような激しい爆発に至らない様にする手段について数値解析を行なってみました。
(平成20年3月の衝撃波シンポジウムで発表した内容です)
spa1.png spa2.png

※サムネイルをクリックすると、別窓で大きな画像を開きます。
数値解析には FLACS を使用しました。
spa3.png spa4.png
spa5.png spa6.png

※サムネイルをクリックすると、別窓で大きな画像を開きます。
計算したケースは以下のようなものです。
spa7.png

※サムネイルをクリックすると、別窓で大きな画像を開きます。
燃焼波面の進行速度は、乱流によって加速されます。
部屋の中に単純な直方体の箱を置いただけでも、その箱の大きさによって波面進行速度が異なることがわかります。
spa8.png spa9.png spa10.png

※サムネイルをクリックすると、別窓で大きな画像を開きます。
部屋の各点での圧力履歴をプロットしてみると下の図ようになります。
上から順に、箱ナシ、4mx2mx1mの箱の場合、8mx4mx1mの箱の場合です。これから以下のことがわかります。
  1. 箱が大きいほど圧力の立ち上がり方が速くなる
  2. 部屋の各点の圧力は同じ履歴で立ち上がる(つまり部屋の中全体が均一な圧力になっている)
spa11.png

※サムネイルをクリックすると、別窓で大きな画像を開きます。
次に、天井に、ごく低い圧力で吹き飛ぶ「圧力開放窓」を設置してみました。
spa12.png

※サムネイルをクリックすると、別窓で大きな画像を開きます。
40cmx40cmの窓がある場合(上)と、何も窓がない場合(下)の圧力上昇履歴の比較です。
窓がある場合の方が最高圧力が低いことがわかります。
spa13.png

※サムネイルをクリックすると、別窓で大きな画像を開きます。
もうちょっと窓を大きくしてみました。80cmx80cmの場合(上)と、1.6mx1.6m(下)の場合です。
1.6mx1.6m(下)の場合では、最高圧力はわずか 0.04 barg 以下です。
spa14.png

※サムネイルをクリックすると、別窓で大きな画像を開きます。




スライド一覧
spa1.png spa2.png spa3.png
spa4.png spa5.png spa6.png
spa7.png spa8.png spa9.png
spa10.png spa11.png spa12.png
spa13.png spa14.png spa15.png
spa16.png spa17.png spa18.png




  • 爆発災害、数値計算、可視化などに関するご質問やご相談はこちらまで。
     
pagetop.png