IMPETUS Afea Solver - 事例7-


解析事例7  ガス爆発による構造体破壊の数値シミュレーション

 爆発による構造体への影響を数値解析で評価するためには爆発を計算する流体解析と構造解析とを連成する必要があります。弊社では専用のカップリングツールを開発しています。ここでは簡単な例として、直径1m、高さ1mの容器内で水素(量論混合比1.0)に着火した場合の連成解析を紹介します。

使用したソフトウェア:
流体解析コードとしてFLACS
構造解析コードとしてIMPETUS Afea Solver


構造体の爆発破壊のCFD-FEM連成計算
Fluid Structure Interaction Computations for Explosive Destruction of Structures
(2014年 火薬学会春期発表会)



  • 爆発災害、数値計算、可視化などに関するご質問やご相談はこちらまで。
     
pagetop.png