CRUNCH CFD - 事例5 -


解析事例5  微粒化と燃焼
CRUNCH CFDは、液体の燃料と酸化剤の噴射による微粒化と蒸発を解析できます。蒸発後の現象として、選択された燃焼モデルを用いることで燃焼解析が実行可能です。
また、任意方向に向いた多数の噴射を模擬するための汎用性の高い入力設定法を備えています。
AtomizationandCombustion.png
①:液体の燃焼と酸化剤の噴出
②:液膜の形成
③:液膜の崩壊による液滴生成
④:液滴の微細化と蒸発
⑤:燃料ガスと酸化剤ガスの混合
⑥:燃焼


微粒化と燃焼
※資料提供:CRAFT-Tech社


  • 爆発災害、数値計算、可視化などに関するご質問やご相談はこちらまで。
     
pagetop.png